教会の歴史

私たちの教会は、1955年(昭和30年)に現在地を購入し、大泉福音教会として建築されたのが始まりでした。
この教会は同時に日本フォースクエア福音教団、福音宣教の最初の教会でも
ありました。
2002年に教会成長を願い、単立教会として新たにスタートし現在に至っています。

1950年(昭和25年)米国フォースクエア福音教団宣教師、ビリー・チャールズ女史により宣教が開始される

1951年(昭和26年)練馬区東大泉町を拠点として本格的な伝道が始まる

チャールズ女史は一時期アメリカに帰国し、ジャック・フランシー師と結婚、再来日され大泉で伝道を続ける

1955年(昭和30年)現在地を購入し、大泉福音教会が建築される
    日本フォースクエア福音教団、福音宣教の最初の教会として建立

1959年(昭和34年)フランシー夫妻は日本宣教の任務を終え、帰国

1960年(昭和35年)増井誠太師が後任として派遣される

1966年(昭和41年)高見夏美師・幸喜枝夫人着任

1981年(昭和56年)9月 高見夏美師召天、55歳
    後任として高見幸喜枝師が任命される

1986年(昭和61年)現在地に新会堂を献堂
    (鉄筋コンクリート造り四階建て)

2002年(平成14年)10月 教会成長を願い、単立教会として新たにスタート

2003年(平成15年)5月 大泉セントラルチャペルと改名

2004年(平成16年)12月 埼玉県飯能地区に入間チャペルを献堂

2015年(平成27年)10月 大泉 砂子田恵美 牧師就任
             入間 鈴木キミ  牧師就任

2016年(平成28年)1月1日 高見幸喜枝師 召天